QOL向上ケア

あなたの生活の質を上げる手助けに

お風呂の床の黒ずみを落とす方法!黒ずみの原因は?漂白剤とオキシつけ置きの使い分け☆

 

こんにちは!ナナッタソンです🤗

今回は、お風呂の床掃除のお悩みについてまとめました☆

  • 凹凸があって掃除しづらい。
  • こすっても落ちないのはなぜ?
  • 黒ずみが目立つ。
  • 洗剤はどれを使えばいい?など…。

 

 

 

 

では、まいりましょう!🤗

黒ずみの分類

黒ずみの正体は、黒カビ or 垢・皮脂・石鹸カスがたまったものの2つに分けられます。

 

▼黒カビ

f:id:nanattason:20200213012021p:plain

湿度が高い浴室は、黒カビにとって天国!

カビ取りスプレーで除去したと思っても、まだ浴室に存在しています

 

やり方によっては菌を広げてしまい、カビやすくなることも・・・。

正しい掃除&見えない菌まで対策が必要です😇

 

▼垢や石鹸カスの蓄積

f:id:nanattason:20200213012226j:plain

掃除の頻度が少ないと、それぞれの汚れが合わさって「黒ずみ」に昇格します😱

ガンコ汚れなのは、アルカリ性と酸性の汚れが混じっているため

 

中和作用がある「界面活性剤」を使って落とすのが効果的です☆

ここでは、アメリカ製のオキシクリーンを使用します👏✨

 

黒カビを落とす方法

f:id:nanattason:20200213013220p:plain

塩素系の洗剤を使用するので、十分な換気をしながら掃除します。

 

▼用意するもの
  • 掃除ブラシ
  • 浴室洗剤
  • 塩素系漂白剤のスプレー

漂白剤が肌や服につく可能性があるので、心配な方はゴム手袋汚れてもいい服を着用してくださいね(^.^)

ブラシは、床を傷つけにくく丁度いい柔らかさの洗車用ブラシがおすすめです👌

 

▼落とす方法
  1. 浴室洗剤と掃除ブラシで、垢や石鹸カスを落とす。
  2. 塩素系漂白剤を、カビ部分にスプレーする。
  3. 10分放置する。
  4. シャワーでよく洗い流す。
  5. 防カビ燻煙剤をたく。

カビの根強さと比例して、放置時間は調整します。頑固な黒カビは4~5時間おいてみましょう

 

▼注意すること

ブラシで強くこすらないでください

傷がつくと、そこから菌が奥深くへ入り込んでしまいます😰

 

垢や石鹸カスの黒ずみを落とす方法

f:id:nanattason:20200213012952p:plain

排水溝をふさぎ、お湯とオキシクリーンでつけ置きします☆

 

▼用意するもの
  • ポリ袋
  • ゴム手袋
  • アメリカ製のオキシクリーン
  • 洗面器
  • 掃除ブラシ

排水溝を手軽にふさぐなら、シリコンカップカバーが便利です☆ 

カバー中央を押すと密閉されるタイプを選んでください(^-^)

 

▼落とす方法
  1. ゴミ受けをポリ袋に入れて包み、排水溝にはめる。
  2. 水がもれないか確認したら、40~50℃のお湯を床が浸るくらいまでためる。
  3. 洗面器にお湯を入れ、付属の計量スプーンでオキシクリーン1~2杯を加える。
  4. よーく溶かし混ぜる。
  5. 溶けたら、オキシ液を床のお湯へ混ぜて2~6時間つけ置きする。
  6. 床のお湯を流し、残った汚れをブラシで落とす。
  7. シャワーですすぐ。

オキシクリーンの溶け残りがないよう、4の溶かす工程は丁寧に行いましょう☆

 

▼注意すること

日本製よりアメリカ製の方が汚れ落ち効果は高めですが、作用が強い分肌荒れを起こしやすいのでご注意ください!

 

お風呂の床掃除まとめ

f:id:nanattason:20200213013118p:plain

お風呂の床は一番汚れやすい所です😱

なかなか落ちない黒ずみ汚れだからこそ、スッキリ落とした後はいつもより気持ちよく入浴できるかもしれませんね♪

 

読んでいただきありがとうございました!