QOL向上ケア

あなたの生活の質を上げる手助けに

洗濯物が風で動く・ずれる・飛ばされる!あのニトリ商品を活用!

こんにちは!ナナッタソンです🤗!

今回は、風が強い時の洗濯干しのお悩みについてまとめてみました。

  • 強風での洗濯物の干し方が知りたい。
  • おすすめの便利アイテムは?
  • あまりコストをかけたくない、など…。

 

スポンサーリンク

 

 

では、まいりましょう🤗!

風が強い日は洗濯物が乾きやすい

f:id:nanattason:20200320233248j:plain

洗濯物が乾くのは、風と湿度が大きく関係しています。

 

ジメジメした部屋より、乾燥した部屋の方が洗濯物が乾きやすいですよね。

これは空気中の水蒸気の量が少なく、洗濯物の水分が蒸発しやすいからです。

 

そこに風が加わると、洗濯物の周りにあった水蒸気が飛ばされて湿度が低くなるので、蒸発を早める(洗濯物が早く乾く)ことができるようになります☆

 

ニトリの干し分け角ハンガー

使っていたピンチハンガーが壊れたので、ニトリの干し分け角ハンガーNフィット(40ピンチ)に買い換えたのが正解でした!

 

風が強い日は、このピンチハンガーにすべての洗濯物を干しています。

衣類ハンガーは竿に固定しづらく、飛ばされやすいので使っていません(^-^)

 

▼仕様とサイズ
  • サイズ:幅66×奥行36×高さ23.5。
  • 素材 :ポリプロピレン。
  • 重量 :約620g。
  • 価格 :税込814円。

 

▼メリット

竿に固定するストッパー付き

f:id:nanattason:20200321004431j:plain

引っかけ部分にある丸い所を押すと、内側のストッパーが作動します。

固定する力が強めなので滑りにくいです。

 

回転止めフックで固定できる

f:id:nanattason:20200321004446j:plain

ピンチハンガーの端にフックが付いており、それを竿にかけると回転も止められるようになります。

かける部分は狭く設計されていて、外れにくくなっています。

 

強力ピンチでズボンも干せる

内側にある青色のピンチは、他のピンチより強度が1.5倍になっています。

ここで厚手の衣類やズボンを干しても大丈夫です(^^♪

 

竿自体の固定も忘れずに

風の強さによっては、竿ごと落下することがあります。

私は、100円ショップに売っている物干し竿ストッパー外用の結束バンドを使っています。

f:id:nanattason:20200321004500j:plain

物干しストッパーを取り付けるときは、両端で同じ位置になるようにつけてください

※片方が外側、もう片方が内側という取り付けだと竿が動いてしまいます。

 

また、どうしても雨や日光のダメージがあるので結束バンドは外用を選びましょう。

 

風が強い日の洗濯干しまとめ

f:id:nanattason:20200321004206p:plain

洗濯物が飛んでいってしまったり、落ちて汚れたりするのは避けたいですよね💦

ニトリの干し分け角ハンガーは、風の強い日でもしっかり乾かせます☆

 

読んでいただきありがとうございました!

 

記事紹介:強力つっぱり棒を物干し竿に☆

www.nanattason.com