QOL向上ケア

あなたの生活の質を上げる手助けに

立ち合い出産した私が思ったこと…準備やデメリット等のまとめ!

こんにちは!ナナッタソンです🤗

今回は、立ち合い出産のお悩みについてまとめてみました☆

f:id:nanattason:20200511230526p:plain

👇こんな方におすすめです☆

  • 立ち合い出産をするか迷っている。
  • デメリットを知りたい。
  • 準備って何をすればいいの?など…。
スポンサーリンク

 

 

では、まいりましょう🤗!

私が立ち合い出産した理由

f:id:nanattason:20200511223500j:plain

娘2人とも主人に立ち会ってもらいました!

どちらも予定日が過ぎて入院する予定だったため、主人の仕事を休む都合がつけやかったのが助かりました(^_^;)

 

私が立ち合い出産を希望した理由は、

  • 不安、心細いのでそばにいてほしい。
  • 父親ということを実感してもらえそう。
  • 陣痛中のケアをお願いしたい。
  • 子供の写真を撮ってもらいたい。
  • 出産後、両家族への連絡がスムーズ。

結果的には、立ち合い出産して良かったと思います☆

出産は命がけって本当で、とっても大変です!

主人が居て、お腹の子も頑張ってくれて、家族皆で乗り越えられた気がします👏✨

立ち合い出産の準備

f:id:nanattason:20200511223652p:plain

ここでは出産全般に関することというより、「立ち合い出産の場合」に準備した方がいい内容をご紹介します😃

 

主人の分の食料や道具を揃える

付き添いも体力勝負になります。

陣痛中に背中をさすったり栄養補給を手伝ったり、自分の時間はとれないかもしれないので必要なものは準備しておきましょう。

 

具体例としましては、

  • 飲料水:妻側も選べるものだと便利。
  • おにぎりやサンドイッチ:食事が手軽。
  • モバイルバッテリー:念のため。
  • 腰痛ベルト:かがむ姿勢の負担軽減。
  • ハンカチ:汗をぬぐう、涙をふく。
  • うちわ:汗をかいていたらあおぐ。
  • テニスボール:痛みが強い部分を押す。

荷物をまとめた鞄を玄関先に置いておくとスムーズです👌

困った時は病院の購買でほぼ手に入るので大丈夫ですよ✨(欠品・相場よりお高め、ということもあるので前もって揃えた方が◎)

 

プレママ・プレパパ教室への参加

自治体や産院で行われていて、お産と育児について詳しく勉強することができます。

夫婦で参加している人がほとんどでした!

立ち合い出産をするなら、当日慌てないためにも積極的に参加しましょう☆

また、本やネットでも情報を集めてみてください(^-^)

 

陣痛~出産までのイメトレや相談

妻がどのようなことを希望しているのか、自分がすることは何か、話し合っておきます。

精神の安定はお産に大切なこと✨出産への不安が軽減するはずです!

どうしても呼吸が浅くなりがちなので、ラマーズ法を覚えておくのも良いですね♪

息を止めると赤ちゃんに酸素が送られないので、先導してあげましょう!

 

妊婦検診に一緒に行く

赤ちゃんを育てるのはお母さんのお腹の中なので、男性は実感がわきにくいそうです。

妊婦検診では、赤ちゃんの様子をエコーで見られます☆

子供の成長を実感できますし、立ち合いまで心待ちにしておきましょう(^^♪

 

スポンサーリンク

 

立ち合い出産のデメリット

f:id:nanattason:20200511224632j:plain

痛みで周りが見えなくなる

陣痛の段階が進むにつれ、どんどん痛みが増してきます。

私が1人目を産む時は「もう無理!助けて!」と叫び声を上げていました😨

痛すぎてもがいていたら、足が主人にぶつかってしまったことも…。

自我を保てなくなって相手を思いやる余裕もありませんので、迷惑をかけることになると思います😖

 

その後の夫婦関係に変化がある?

1つ目の理由に挙げたことが原因で、妻への印象が変わってしまうことがあります。

言葉遣い・態度など相手を傷つけるようなことをしたら、体調安定後に素直に謝りましょう(>_<)

また、出産シーンを見たことがきっかけで、それ以来”妻”ではなく”母”としてしか見られなくなる場合もあるそうです。

 

主人の行動がストレスになることも

ちょっと疲れたから仮眠を取る、妻の痛がる様子を見て慌ててしまう、などといった行動は妻にとってストレスになるかもしれません💦

意思疎通の難しさがあります…。

分娩台に上ってからは?

f:id:nanattason:20200511224004p:plain

陣痛中は陣痛室で過ごします。そして、お産が近づくと分娩室へ移動します。 

そこでは助産師さんたちが中心となるので、主人はほぼ見守りとなります。

水分補給を手伝ってくれたりうちわであおいでくれたり、できるサポートをしてもらえると嬉しいです!😌

 

お悩みポイント

いきんで便(うんち)が出るときがある

赤ちゃんがおりてくる感覚って、排便のときに似ています💦

力の入れ方によっては便が出てしまう場合もありますが、助産師さんがすぐに対応してくれるので大丈夫ですよ✨

出てしまうかもしれないと先に話し合っておくと、もしものときでも焦らずに済みます!

立ち合い出産のまとめ

f:id:nanattason:20200316000140j:plain

出産は本当に大変ですが、それを乗り越えれば念願の赤ちゃんとの対面です👶✨

私がメリットを感じた立ち合い出産について、興味がありましたらご検討ください(^^)/

 

誰かのお役に立てれば幸いです(*´▽`*)

読んでいただきありがとうございました!

 

哺乳瓶を低コストで簡単に殺菌する方法☆↓

www.nanattason.com

 

赤ちゃんの寝かしつけについて☆↓

www.nanattason.com